持続可能エネルギーの可能性

持続可能エネルギーの可能性

 

  現在、沖縄県では電力のほとんどを火力発電に頼っている。最も多いのが石炭を使った火力発電で、続いて、LNG(液化天然ガス)、石油が使われている。当然、化石燃料を使った火力発電ではCO2の排出が避けられない。再生可能エネルギーの開発やLNGの利用を促進。そして、2050年にCO2排出ネットゼロを目指したい。

日差しが強いイメージのある沖縄だが、実は海に囲まれているため雨雲が発生しやすく、日照時間は全国平均より低い。このため太陽光発電の効率はそれほど高くはないという。

再生エネルギーにさまざまな課題がある。メガソーラーの建設には莫大な土地が必要で、さらに天候に左右されるため発電効率が高いとはいえない。さらに風力発電はローターの回転音など、周辺への影響が大きいため、一部離島では商用運転が始まっているが、本当ではまだ、実証研究の段階で、実用化の予定はまだないそうだ。

株式会社マネリア

クラウドの創出へ、 ITクラウドを用いた未来のカタチへ、キャッシュレス・IT導入支援・エネルギー事業をしております。興味ある方はぜひご連絡お待ちしております。

コメントを残す

CAPTCHA