研究開発

3Dプリント技術を応用した人口サンゴの開発

世界で最も多様な生態系の一つでありながら、環境汚染や気候変動など、様々な理由により生態系に異常を来たしている珊瑚礁は、一部の研究では既に30%程度が失われているとされており、このままの状態で環境破壊が進めば、今後30年程度で消滅する可能性が有ると指摘されている。3Dプリント技術を用いて珊瑚礁の絶滅リスクを軽減しようとしている。

お問い合わせ

プラスチックゴミなどによる環境汚染

最近では,プラスチックゴミなどによる海洋生物への深刻な被害が増大しており、世界的な問題として取り上げられています.中でも海の生態系を支えているといわれているサンゴ礁の白化現象は特に深刻な問題として,世界各国で温暖化防止対策に向けた取り組みがなされています.

お問い合わせ

お問い合わせください

当社では,海洋生物を保護するための代替環境を構築する目的で,サンゴの幼生の定着に最適な土台のもとになる材料を独自に開発しつつ,3Dプリント技術を応用した人口サンゴの研究開発に取り組んでいます.共同で研究開発していただける企業様はご連絡ください。

お問い合わせ