そこで改めて思ったのが、キャッシュレス経済の可能性について。

消費増税の際、クレジットカードなどのキャッシュレス決済を行うと、消費者にポイントが還元される政策が議論されています。

ポイント還元Q&A「来年10月から9カ月間」「キャッシュレス決済で最大5%」
https://www.sankei.com/politics/news/181219/plt1812190034-n1.html

これに対して

「地方の商店街は現金商売で、キャッシュレスなど不可能だ」
「高齢者に優しくない」

という反対意見が相次いでいます。実際、現金でしかやり取りしたことのない高齢者は、不安に感じている方もいらっしゃるようです。

高齢者になると、細かいお釣りの管理が難しくなったり、高額紙幣で支払いをした際にお釣りの間違いが生じる可能性が高まり事もある為、この取り組みはむしろ高齢者に向いていると思います。

 

商店への導入支援も行っておりますので、お問い合わせ只ければと存じます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事