IT導入補助金とは??

正式名称は、”平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業”といい
経済産業省の補助事業として、2017年より始まった事業です。
中小企業、または個人事業主がITツールの導入をする際の費用を補助しよう、というもので、
うまく活用し、生産性の向上、労働時間削減、給与のアップなどを実現しましょうという趣旨があります。
この度、弊社のシステム導入、サイトの制作時などにその補助金が申請できるようになりました。

補助対象は?

サービス業はもちろん、小売り、卸売業などなど多くの企業が対象となります。
対象となる中小企業は、およそ13万社。
日本の企業の約90%が中小企業にあたるそうです。
業種によって、若干条件が変わってきますが幅広く対象となります。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

ITツールとは?

※事務局に登録されたITツールが補助金の対象です。

 ITツールとは 

  • ITツールとは、システム化が不十分な業務分野に導入されるソフトウェアと、関連するオプション、役務からなり、補助事業者の労働生産性向上に資するものとします。
  • IT導入支援事業者は、ITツールを事前に登録しなければなりません。
  • 申請されたITツールは、外部有識者と外部審査委員会によって審査が行われ、登録の採否を決定します。

以下は本補助金の対象外となります

  • ハードウェア・組込み系ソフト・スクラッチ開発
  • 料金体系が従量課金方式・広告宣伝費を含む
  • 会員登録した利用者に対する情報提供サービス
  • 緊急時連絡システム、BCPシステムなど恒常的に利用されないシステム
  • VR・AR用コンテンツ制作、デジタルサイネージ用コンテンツ制作、コンテンツ配信管理システム
  • 利用者が所有する資産やブランドの価値を高める目的のシステム

過去の比較!

 

2017年 2018年 2019年
所轄官庁 経済産業省 経済産業省 経済産業省
予算総額 100億円 500億円 100億円
補助対象者 中小企業、小規模事業者 中小企業、小規模事業者 中小企業、小規模事業者
補助対象となる 事前登録されたパッケージ 事前登録されたパッケージ 事前登録されたパッケージ
ITツール ソフト・サービス導入費 ソフト・サービス導入費 ソフト・サービス導入費
※ハードウェアは対象外 ※ハードウェアは対象外 ※ハードウェアは対象外
補助率 案件総額の3分の2 案件総額の2分の1 案件総額の2分の1
補助額 20万~100万円 15万~50万円 40万円~450万円
交付申請書受付 一次公募 一次公募 一次公募
申請期間:2017年1月27日~2月28日 申請期間:2018年4月20日~6月7日 <A類型>
交付決定:2018年6月14日(木) 申請期間:2019年5月27日~6月12日
二次公募 交付決定:2019年6月26日(水)
二次公募 申請期間:2018年6月20日~8月3日 <B類型>
申請期間:2017年3月31日~6月30日 交付決定:2018年8月15日(水) 申請期間:2019年5月27日~6月28日
三次公募 交付決定:2019年7月16日(火)
申請期間:2018年9月12日~11月19日 二次公募
交付決定:2週間毎計5回 申請期間:2019年7月中旬開始予定
交付決定:未定
事業実施期間 約3ヶ月 約3ヶ月 約5ヶ月
交付決定件数 約14,300件 約63,000件 予想8,000~12,000件

 

導入支援サポートいたします!

過去2年、IT導入補助金で豊富な申請件数から高い採択率を得ております。

具体的にIT導入補助金の活用し、ソフトウェアの導入を考えている方や、まだ何も決まってはいないが、補助金がでるなら生産性が向上するITツールの導入を検討したいといったお客様まで、お気軽にご相談ください。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事